シマシマヤトーキョー Shimashimaya-TOKYO

暮らしの道具の店


暮らしの道具の店「シマシマヤトーキョー」の店主、ヒロミユキの日記です。
by shimashimaya

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Home > 店主日記

来福案内のこと、その2〜吉田崇昭さん、鶴岡誠さん
今回の『来福案内〜福岡のいいもの、おいしいものvol.2』、
初めて(で、これが最後となりましたが…)入荷する素敵なうつわがあるのが、
とてもうれしい。
まだ関東ではあまりたくさんご覧いただいていないかもしれないのですが、
どちらもとても素晴らしいうつわを作られる作家さん。
ぜひ、手に取って使ってみていただきたいです。

*写真は該当作家さんの作品ではありますが、掲載した写真の商品が
 入荷するとは限りません。ご了承くださいませ。


======

吉田崇昭(喜器窯)
b0141023_14503774.jpg









1976年生まれ。
有田窯業大学校卒業後、佐賀県唐津の窯元で制作活動、
2009年福岡県筑紫野市に喜器窯設立。

b0141023_14533521.jpg










シンプルで飽きのこないあたたかみのあるフォルムと、
草花などのモチーフの絵付の器が素晴らしい作家さん。
磁器のうつわは、有田焼での修行を活かして
初期伊万里のもつ美しさを目指して作っておられ、
古いもののような独特の空気感を持つうつわです。

実は、磁器で作陶する作家さんのうつわが入荷するというのは、
シマシマヤトーキョーではあまりないことでした。
そういった意味でも、吉田さんとの出会いは、とてもうれしいです。

======

鶴岡誠(陶器つる岡)
b0141023_1456657.jpg










1974年生まれ。
小石原焼で修行後、若手工芸家研修制度を利用し、
沖縄読谷村の「常秀工房」にて技術研修。
2007年 福岡県嘉麻市にて独立。

b0141023_145831100.jpg










あたたかいフォルムだけれど、すっとした佇まいを感じる鶴岡さんのうつわ。
しのぎなど、使いやすさと親しみやすさを兼ね備えたうつわです。
こんな感じの花器も入荷の予定、ああ楽しみ。

店主の地元近くで作陶されている鶴岡さん。
だから勝手に親しみと憧れを、ずっと持っていた作家さんです。

======

*『来福案内〜福岡のいいもの、おいしいものvol.2』は
 11月22日(金)〜12月1日(日)開催です。(期間中、25日月曜休み)

料理家an:coスズキエミさんおすすめ鈴木エキコさんのお正月飾りご予約受付中です!
 今年が最後の販売、受注生産となります。12月10日まで予約受付です。
[PR]
by shimashimaya | 2013-11-14 16:00
<< 来福案内のこと、その3〜うきは... 来福案内のこと、その1〜うなぎ... >>

お買い物かご マイアカウント ご注文について メールマガジン お問い合わせ